05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

小幌駅に行ってきた 後編 

どうも。

引き続き、小幌駅の訪問日記ですw
今回は、山へ行く道が中心になります。


まず、山に入る道から。

この道は、どっちの道でも小幌海岸に行けますが自分は最初は右に行きました。
しかし、こっちの道に行ったのが誤りでしたorz
途中の道が崩れてていくことが出来ませんでした・・。

一応、かなり慎重に行けば行くことができるんですが滑ったらアウトだったので
危険と判断してやめましたw


山中の道はこんな感じ。
写真だと分かりにくいですが、結構傾斜がついていますw


途中には、ベンチがありました。
もしかしたら駅に住んでいた仙人が作ったものかもしれませんw



がけ崩れのギリギリのところから小幌海岸を撮影。
この先は、残念ながらいけませんでした・・。

ちなみにこの付近の道は、撮っていませんがかなりの傾斜があり危険でした・・。
ロープはありましたが、近くが崖だったので転ぶと大変なことになっていたのでこの写真を
撮っているときは少し足が震えましたw


急いで、来た道を引き返すことに。

今度は、最初の写真の分かれ道から左を行くことにしました。
駅にいる警備員さんに、話を聞くとこの道は大丈夫とのことですw


左の道を進むと、ちょっと分かりにくいですがこんな分かれ道が。
この道を、右に行くと小幌海岸、左に行くと岩屋観音に行くことができます。
小幌海岸に行くため、右に。


こんな看板が。
駅撮影がメインなのに、海にもぐる人はいるんでしょうかw


この道は、崖はなく平坦な道だったため少しは余裕がありました。


道を10分ぐらい歩くと、ついに海が見えてきました~。


ちなみに今まで、歩いてきた道はこんな感じです。
後ろは、完全に山ですw



小幌海岸。
岩だらけですねw
晴れていれば、もっと綺麗だったかもしれませんw


途中には、沢が流れていました。


来た道を戻り、先ほどの道から今度は左に。
道案内の看板がありました。


観音へ向かう道は、険しく軽い登山ですw
すぐ右は、崖です。。。
途中のベンチで、休みながら進むことに。


道がさらに険しくなってきました・・。
ロープが出てきましたw


残念ながら、礼文駅に戻る9:16までの時間がなくなってきたので、ここまでとなりましたorz
この先も、まだ長い道が続いてることとかなり疲れがたまってきたので引き返すことに
なりました・・。

時間が、危なかったので早歩きで戻ることに。。。
この時に、最初の崩れている道に行ってなかったらな・・と思いましたw

なんとか頑張って9:00頃に戻ると、人が増えていましたw
山に行っている間に、また人が降りてきたんだと思いますw


ホーム近くに、花が咲いていたのでなんとなく撮影w


前回の記事で、出し忘れていましたが駅全体も。
空いている時間に、駅ノートも書きましたw


そして9:16の東室蘭行きに乗り、礼文駅に到着。
ようやく無事に戻ることが出来ました~。

ちなみにこの後、車に乗った直後に雨が降ってきましたw
駅にいる間は、全く降っていなかったのでかなりラッキーでしたw

今回は、小幌駅に2時間いましたが自分はこれでもちょっと物足りなかったですw
なので、行けたらもう一回行きたいなと思いますw
時間があるかは分かりませんけどねw


後編が、非常に長くなってしまいましたw
前編は、まだ短いほうでしたね。。。

では、これで終わりたいと思います~。
スポンサーサイト

[edit]

小幌駅に行ってきた 前編 

どうも、noborikawaです。


昨日、小幌駅にいってきました~。(記事を書いていたら一昨日になりましたけどw)
とりあえず無事に、帰ることが出来ましたw
昨日は、疲れていたんで記事を書く気力がありませんでしたw

まずは、隣の礼文駅まで行くことに。
家を出たのは深夜ですw


途中にある定山渓温泉の、かっぱの湯であたたまる・・はずが温泉がぬるかったので
すぐに出発しましたw


礼文駅に到着。
7:05の、長万部行きに乗るはずが1時間ほど早かったので休憩。


7:05の長万部行きが到着。
車内は、カメラを持ってる人が多かったため少し安心しましたw
実は、初めてワンマン列車だったのでちょっと不安でしたw


車内の、掲示板は始めてみたのでなんとなくパチリ。
小幌駅までの、長いトンネルを過ぎるまでのワクワク感と駅が見えたときの興奮は
忘れられませんw
写真でしか、見たことがなかったので生で見るとやっぱり違いますw


トンネルに入っていく汽車を見送り。


駅に降りた人は10~20人と、警備員?の人が2人いました。
やっぱり廃止の噂で、降りる人が多いですねw

今回は、東室蘭行きの9:16発に乗りまた礼文駅に戻ることにしています。
それまでの2時間の探索ですw


周りは、山と海に囲まれた駅でまさに陸の孤島ともいえる駅となっていますw

残念ながらこの日は、曇っていましたが予報では雨となっていたので雨が
降らなかっただけマシといえるでしょうw


とりあえず駅に降りてからは、駅名標やホームなどを撮りまくりますw

この駅には、有名な小幌海岸や岩屋観音がありそこにも行ってみましたw
ただしそこまで行くには、軽いハイキングとも言える山の道を進まなければなりません・・。
道も、傾斜があるため大変ですw


山の道はこんな感じ。

記事を書いていたら長くなってしまったので次回に続きますw

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。